IMG_2851


のんびりと自転車を楽しみたい。 


ブログの更新が久しぶりになってしまいました。





理由はざっくりふたつあるのですが、

ひとつは機材に対する欲求が完全に収まってしまったため。
これまで色んなフレームに目移りしてきましたが、C60の素晴らしい乗り心地とペイントで「もうこれで良いや」というところまで行ってしまいました。
ホイールに関しても、キシリウムとコスミックプロカーボンの2本あれば困ることが何もない。



つまり、新しい機材を買わないので、書くことが無い!(笑
ディスクブレーキとかチューブレスとか、気になる最新プロダクツはあるんですが、如何せん乗っても買ってもいないものについて書くのもアレだなと思うので、手を付けていません。




もう一つは、生活が変わったことで乗る時間が減り、少し辛い気持ちになっていたため。

これまではブルベやヒルクライムのタイムアタックなど、ある程度距離や強度を上げたライドを楽しんできました。
しかしここ最近はライフワークバランスというか、生活全ての中で自転車の占有率を下げる必要があり、以前と比べるとかなり乗れずにいます。

そのため、

自転車に乗る時間が減る

自転車に乗る能力が下がる

これまでのように楽しめなくなる

また自転車に乗る時間が減る

…という悪循環に陥りかけました。
比較的乗れていた時の気持ちのままで自転車に乗ると、自転車が辛い。


P1060912



でも自転車は好きなので、自転車と向き合う方法を変える必要があると思い、立ち止まって対策を考えることにしました。




選択肢は3つ。

1, 自転車を辞める
→却下です。自転車好きなので。

2.どうにかして時間を捻出して以前のように乗る
→時間の捻出はできるものの、代わりに減らすもののダメージが大きく、コレも選べず。

3.自転車の楽しみ方を変える
→というわけで、3.を選択しました。

新たな自転車の楽しみ方を模索することに。







楽しく乗るために変えたこと






さて、満足に乗れない状態でどうやって自転車を楽しむか。
色々と考えた結果3つの変更を実施することにしました。










1つめ:ペダルをTIMEに変える

IMG_2444


ペダルをシマノSPD-SLからTIMEに変えました。

自転車に以前より乗らなくなった結果、明確にできなくなったことが1つあります。

それは、まっすぐ踏むこと。



ペダリングで使う筋肉が弱ってしまったのか、ただ神経系の衰えで下手になっただけなのかはわかりませんが、
ペダルをまっすぐ踏むことが難しくなり、ある程度の時間乗っていると膝が痛くなるようになってしまいました。


これには結構な期間悩まされたのですが、かといってフラットペダルにするのも心理的抵抗があったので、フラットペダル並にグリグリと足の位置を動かせるTIMEのペダルに交換してみました。

結果としては大正解で、シマノのSPD-SLほどのガッチリ掴まれる感覚はないものの、その時の脚の調子に合わせて快適に乗ることができています。





2つめ:走っていて楽しいところに行く

IMG_4480


これまでは距離を走ること自体を1つの目的にしていたので、トレーニングコースなど既知の環境を走ることが多かったです。
しかし、これからは自転車の楽しみ方を、「自転車に乗ること」だけではなく、「自転車に乗る日全体を楽しむ」ことに変更しました。

そのため、最近のライドは
・自転車で走って楽しい道であるかどうか
・景色は綺麗か
・食事は美味しいか
・温泉があるか
などライドの体験全体を楽しむ方向にシフトしています。

IMG_3641








3つめ:カメラを買う

IMG_3349


これまでは登りで重りになるような装備を持つなど考えられなかったので、必要最低限の装備で走っていました。
しかし、心に余裕を持ってのんびりと走ってみると、やはり美しい景色の数々に心を奪われます。
C60も綺麗なフレームですし、しっかりと写真におさめたいと感じることが増えました。


なので、ある程度小型で画質の良いカメラを買うことにしました。
現在はOlympusのE-M1をメインに使っています。


※それぞれの詳細については後ほど個別に記事にしようかなと思っています。


IMG_4461



色々書きましたが、よりエンジョイ側によっただけの話です。

これまでと違った生活に合わせて、違った乗り方をしていくことで何がどう変わっていくのか。現時点ではさっぱりわかりませんが、自転車との新しい向き合い方から感じたことを記していこうと思います。


これからもよろしくお願いします。


 
あ、あとPioneerのペダリングモニターも取り付けて半年ちょっと使ったので、それについてもそのうち書きます。