P1060805


"Deep rims for everyone"



スペック面など、客観的な内容に関しては MAVIC Cosmic Pro Carbon SL C - 概観 -を御覧ください。
ここでは所謂インプレを記述していますが、インプレは相対評価でしかなく、フレームやタイヤによっても大幅に印象が変わることをご了承ください。
ちなみに自分の中での比較対象はZonda(2014) / RS80-A-C24(2012) / Racing Zero(2008/2014) / Shamal Ultra(2013) / ksyrium SLR(2015) / Bora One 50 TU(2015) / Bora One 50 CL(2016)です。

今回の主な比較対象はKsyrium SLR(2015) / Bora One 50 TU(2015) / Bora One 50 CL(2016)






"Cosmic Pro Carbon SL C"



近年激戦区となっている、カーボンクリンチャー市場。
背景にあるのは25c化のトレンドか、はたまたカーボン整形技術の進歩か?


ENVEやRoval、Reynolds等が先陣を切り、


Campagnolo/Fulcrumもトップレンジをカーボンクリンチャー化。
老舗であるMavicも、ENVEを買収することで技術を補完しカーボンクリンチャー市場に殴り込みをかけました。

そんな魁の1つ、Cosmic Pro Carbon SL Cです。




P1060850



最初の比較対象は直前まで履いていたKsyrium SLRです。
タイヤはGP4000S2 25c。
付属していたイクシオンは購入と同時に引剥しました。





まずは一踏み。




ぐぐっ、と前に進みます。

入力に対してほんの僅かに捩れながらも、ぐっと粘るような感覚。
Shamal Ultraのようなアルミスポークのホイールで感じる、リムとペダルが直結したような、まるで一枚板を回しているような、そういった感覚ではありません。

こやつ、なかなか味のあるホイールです。

味を"無駄”と取るかは人次第ですが、このホイールに関して言えば結構好み。
芯がある感覚があるというか、"しなやか"ではあっても"柔らかい"ホイールではない。
むしろ非常にしっかりとしたホイールなんだけど、ほんの僅か不快になる手前で硬さを留めている感じ。
これはスチールスポークのおかげなのかな?
それとも、最近にしては多めのスポーク本数(F:20/R:24)のおかげかな?と思いながら速度を上げてみます。



少しラフに踏み込んでみると、40mmハイトリム+重量的に比較的不利なクリンチャーということで多少リムの重さを感じます。
しかし、それは比較対象がKsyrium SLRだからでしょう。


C50CLやScirocco35のような、リムがごろごろ転がっていく感覚が強すぎたり、登りには絶対行きたくない!と思わせてしまうほどの重さではなく。
そういえばZONDAって確かこんな感じの重さ感覚だったよなぁ、と思ってしまう程度の重さです。



それよりも印象に残るのは、しなやかに、伸びやかに進むそのフィーリングと、非常に高い快適性。
ペダリングを受け止め、微かに均しながらもリムは滑るように回り、一方で路面の凹凸や横風などの外乱をものともせずにまっすぐに突き進んでいきます。

ロールスロイスのような重厚感のある乗り心地を連想させるC60に履かせると、個性が同調しているように感じます。
懐が深い、熟成された大人なホイールです。




sponsored link 







シチュエーションごとに



平地の巡航はこのホイールの面目躍如といったところ。
Cosmicの名に恥じぬ、良好な平地走行能力を見せます。


IMG_2102



リム重量が重すぎないため、アルミリムのコスミック等で感じられるような、リムがごろごろ勝手に進む感覚は得られにくいです。
一方で、加減速への対応は容易。
適度なリム重量と、しなやかなホイール構成により、多少ラフに踏み込んでも脚にダメージを残すことなく回し切ることができます。
加減速の無い完全な平地というのはなかなかありませんから、信号ダッシュや、少しでもアップダウンのある道、そして当然レースでの運用では強い武器になると思います。

さらに力を込めてぐっと踏み込むと、ホイール全体がグイッと前に出たがるような挙動を見せて、バイクが跳ねるように進んでいきます。この感覚は結構病みつきになるかもしれません。
キシリウム系のペダリングと一体直結となったような、カツンとした加速とひと味違い、ギュッと圧縮し、グワッと湧き出るようにトルクを放出する進み方をします。
この点は少しBORA 50に似ている点があるかもしれません。




IMG_2112

幅広リムが空気抵抗削減に貢献しているかどうかは、平地では感じにくい部分です。
しかし、このホイールは横風を受け流す能力が非常に高いと感じました。
同じコースでBORA ONE 50と履き較べると、急な横風にも過敏に反応することが無く、明らかにステアリングが安定しています。
それは幅広リムであることだけではなく、40mmハイトというリム高のおかげもあると思います。

幅広リムといえば、走行時の安定感はこれまでで最も高いものでした。
同じGP4000s2 25cを履くBORA ONE 50と比べても、路面接地面積が多いように感じ、自転車の重心が下がったかのような安定感があります。
どんな路面でも走れそうな錯覚をしてしまうほど。




IMG_2099



ブレーキ性能は相変わらず超優秀!
エグザリットをそのままカーボンリムに持ってきたかのような性能です。

ブレーキレバーを引く力に合わせて制動力の立ち上がりが自然に変化します。
弱く当てればゆっくりと効き、段々と強く握っていけばそれに連動して制動力が上昇していきます。
ただし、エグザリットに比べると絶対的な制動力は低いと感じました。
一気に制動した際に、エグザリットではロックするまで制動出来ていたのが、iTgMaxではロックしきれない場合があるように感じます(ロックする必要は無いとはいえ)。


IMG_2303


専用ブレーキシューとして付属している黄色のSwissStop(おそらくイエローキング)は、リムに黄色の跡が付いてしまいます。
なんとなくいやだったので、自己責任で同SwissStopのブラックプリンス(Flash Pro)を使っています。



性能面では特に違いが感じられず、今のところは問題なく運用できているように思いますが、リムに想定外のダメージを与えている可能性も考えられるので、推奨はしません。
ちなみにイエローキングがリムに食い込んだ跡はブラックプリンスを使っているうちに消えていました。




IMG_2481

あと、本当にもりもりとブレーキシューが削れていきます。
一発ダウンヒルをやると、前後ブレーキシューに1cmほどの消しカスの固まりのようなものが付着しているほど。
ブレーキ性能を維持するため、ブレーキシューは時々掃除した方が良いかもしれません。
交換頻度は1,000km毎という印象です。






IMG_2821


登坂性能は、そこそこ。
ケイデンスを保って速度を出すことが出来る区間では勢い良く走らせ続けられるけれど、ある程度以上の斜度ではリムの重さが足枷と感じられます(Ksyrium SLR比)。

ホイールのしなやかさが登りでも脚を残してくれる一方、苦し紛れのダンシング等では力が逃げているような感覚があります。


タイムを測定すると、全体的にKsyrium SLRに対して3%ほど遅い感じです。
パワーが有るタイプのライダーであれば、重さの影響はそれほど受けないと思います。


P5040451
E-M1,LUMIX G 42.5mm f/1.7 ASPH. POWER O.I.S.,f1.7,1/8000

登坂性能そこそことは言え、登っていて嫌になるほどではありません。
淡々と登る分には全く問題無いので、渋峠もこれで登ってしまいました。





ダウンヒルは良好です。
リムがまっすぐ進みたがるのか、コーナリング時にホイール自体が弱アンダー傾向に作用します。
そのため、Ksyrium SLRやRacing Zeroのようなキレキレなコーナリングというよりは、BORAのようなゆったりとしつつも安心出来るコーナリングです。
とは言え横剛性に不足は無く、ヨレなどの不安に感じる要素はありません。

必要十分な横剛性、接地面積が広がったかのような抜群の安定感、そしてカーボンリムとしてはずば抜けたブレーキ性能がダウンヒルへの恐怖心を減らしてくれます。
(安全運転の範疇で!)

ちなみに、ダウンヒルの速度域では明らかにリム高からなる空気抵抗低減を感じます。
メーター目測ですが、45km/h程度からはローハイトリムに較べて目に見えて伸びます。


IMG_2111


ただし、Mavicのハブ性能は相変わらず耐久重視の作りで、USBベアリングのBORAから感じる「奈落の底に滑り落ちていくような」感覚はありません。
そのうち非接触式ベアリングに打ち替えてみたいですが、現状でも特に不満はありません。






万人のためのディープリム


少し前まではキワモノ扱いであったカーボンクリンチャー。
何故Mavicはキシリウムが、エグザリットがあるのに、カーボンリムでクリンチャーホイールを作るのか?
流行に乗って一儲けしたいのか?

そんな疑いを持ちつつ乗ってみたこのホイールでしたが、蓋を開けてみると非常に優れた作品でした。

扱いに困らず、
乗り心地が良く、
安定性が高く、
そして速い。

尖った所は無いが、どこでも走れる優等生。
それはまさに、「万人のためのディープリム」。


乗りながら何度も頭に思い浮かんだのは、「しなやか」という言葉。
しなやかでありながら、柔らかくない。
しっかりしてるけど、硬すぎない。
そんなちょうどいい、とてもちょうどいいホイール。


その乗り心地は、最新のカーボンフレームにとても合っています。


ガチガチに硬い、カリカリのフレームに対して、
その硬い踏み応えをスポイルすることはなく、程よくマイルドにしてくれる。
カミソリのように鋭い下りのコーナリングに対して、ほんの少しの扱いやすさを。

Cosmic Pro Carbon SL Cは、しっかりとした作りの中に、少しの優しさを備えたホイールだと思います。










まとめ




P1060778


2年ほど前、Mavicがカーボンクリンチャーを出すと知った時は「遂にMavicトチ狂ったか」と思った様な記憶があります。
実際にMavicのカーボンクリンチャー第一弾の片割れであるCosmic Pro Carbonを使ってみて、「Mavicはマトモに狂っている」ということを認識しました。

このMavic Cosmic Pro Carbon SL Cは、とても普通で優秀なホイールです。
誰に対してもそれなりにおすすめできる、良質なカーボンクリンチャーです。
一方で、その価格(32万円!)の割にはあまりにも普通過ぎるようにも思えます。 

確かに素性よく、見た目が格好良いホイールですが、ZONDA/Racing3でも良くない?と思ってしまうシチュエーションも多く。
どこでも90点以上でこなす超優等生ですが、局地戦では特化型ホイールに勝てません。





このホイールの良し悪しを整理すると、

◯良い点
扱いやすい
快適性が高い
加速が気持ちいい
ブレーキがよく効く

☓悪い点
器用貧乏
超絶高い

と言った感じ。
思いっきり、以前カーボンクリンチャーを購入した理由をまとめた内容と同じです。
→それでもカーボンクリンチャーを買った理由


使っていて苦手に思う状況がまるで無いので、
「どのシチュエーションでもとりあえず履きっぱなしにできるディープリムが欲しい!」と思っている方には最高の一本となると思います。
つまり、ロングライド・ブルベには非常に適した一本ですね。






一方で、このホイールの半額程度の金額でKsyirium Pro Exalith SLを買ったほうが、多くの人は幸せになれるんじゃないか、とも思ってしまったり。
もしくは、少し安めのBORA ONEなど。
そもそも、チューブラー使うのに抵抗無い人はチューブラー買ったほうが。

つまるところ、性能は誰にでもオススメできるんですが、値段がネックでオススメしにくいんです。
でも、特性の違うクリンチャー二つ買って履き替えるのが面倒ならコスカボ一本買って履きっぱなしでも良いかもしれない。そんなホイール。








おまけ


IMG_3405


比較のためにちょっと借りたBORA ONE 50 CL。回し始めの重さこそあれ、純然たるBORAの気持ちよさを備えた良作。
コレと比較すると、コスミックプロカーボンは縦方向の硬さがおとなしく、横方向の安定性が高い。
まさしくリムの形状通りの感覚。
BORAは少し突き上げが多く、縦方向にはシャマルに近い、板のような感覚がある。
フレームの特性や乗り味の好みによっては、こちらの方が好みの人もいるかも。
横風への耐性はコスカボの方があるので、ピーキーさが苦手な人はコスカボで。