IMG_1804

C60を眺めてみよう。
(写真多) 
ジオメトリの話やンプレは次の機会ということで、
まずはC60を眺めていて思ったことなど。





sponsored link








フレームを眺めてみる





IMG_1777



まずは全体。
サイズが480Sということもあってか、細身のクラシカルな美しさというよりは
モノコックのような、非常にマッシブなフレームという印象。
ホイールもある程度高めのハイトが似合いそうな雰囲気。




IMG_1784

ヘッドチューブ。
上下異型(1-1/8.1-1/4)はC59から継続。

ヘッド周りのワイヤリングはサイクルフリーダム岩佐店長のC60を参考に、シフトケーブルを左右逆にしました。
こっちの方が取り回しが遥かに楽ですね。


IMG_1748


ダウンチューブはジルコデザイン?スターチューブ?四角チューブの角を潰したような形。
ラグドカーボンは丸チューブという一般感覚から大きくかけ離れた見た目です。

IMG_1770


トップチューブも同じような形状。
後方に行くに従って少しずつ丸に近い形に変わっていく辺りが芸が細かい。

白に金の塗装が映えますね。
黄色がかった白から青みがかった色に変わり、黒に移る境目が非常に美しいです。
しかし、この配色は素晴らしいですね。
少し和を感じる部分もあります。
白虎や龍といったイメージがなんとなく浮かび、
金色の部分は蒔絵のような印象を与えます。






IMG_1756

ヘッド側のラグ接続面。
すごい形。


IMG_1750


ステー集合部。Q2ステーの不思議については別記事で書くとして、
今回は集合部のラグ形状が気になる所。
トップチューブと接続するラグ部分は、上辺が下辺よりも長くなるように作られています。
(コルナゴのサインの後ろあたり)



BlogPaint

引用:バイシクルドットコム

C59のトップチューブ接合部は、下辺が長いのです。
そして、これはLOOK 585も同じでした。
気になって調べてみると、



201209_5444
引用:ワイズロード

EPSは上が長いんです。興味深いですね。
さらにさらに。



20120930_colnago_025
引用:RichardCleaver.com

EPSをC59のQ2ステーに差し替えたEPQは、下が長い。
ステーを差し替えただけではなかったんですねぇ。

こうなったら全て調べてみます。

22
引用:PedalRoom

Extreme-Powerは上。



Michael_Rasmussens_Rabobank_Colnago_Extreme-C_seat_lug
引用:cyclingnews.com

Extreme-Cは下。



01
引用:Weightweenies

C50は下。




17102037199_33b84b151c_b
引用:flicker

C40も下。


まとめると、
上::C60、EPS、Extreme-power
下:C59、EPQ、Extreme-C、C50、C40

となりました。
とても興味深いです。
コルナゴはラグの形状により"何か"をコントロールしているのでしょう。
なんとなくですが、下を長い形にするとしなりか快適性が増すんでしょうかね。


ちなみに、日本のしなり系ブランドGDR(故)を調べてみると、
初代モデルのメテオスピードが下が長く、
次の世代となったNew メテオは上が長い形でした。





IMG_1754


上から見るとこんな感じ。
繊細なペイントが美麗です。

IMG_1761


シートステー。
ここだけトリコローレが入ってます。
形状は角を丸めたスクエア。ストレート形状です。


IMG_1774


BB周りも非常に大きくなっています。
BB86なので、モノコック系カーボンフレームのBBに匹敵するボリューム。
BBはコルナゴの「スレッドフィット82.5」という規格となっており、
PF用のBB受けを金属で成形し、フレームに挿入する形。フレームと別体なので、交換が可能になってます。
構造としては、これまでのねじ切りBBの外側部分がスレッドフィット82.5であり、そこにBB86をベアリング代わりに入れるような感じです。




IMG_1709


チェーンステーは超極太。
リーフチェーンステーの面影を残しつつも、非常に複雑な形状をしています。


IMG_1772


上から見るとこの通り。
内側にまで大きく張り出したチェーンステーは、後ろに行くに従って丸パイプに近い形に収束していきます。
このチェーンステー、ボリュームがありすぎて25cタイヤがギリギリです。



IMG_1775

シートピラーはまるで大理石の柱のように、ドーンとそびえ立っています。
丸パイプがBBに近づくにつれて四角くなり、ボリュームを増していきます。
ピラーは31.6mm。



IMG_1787

フロントフォークもごっつい感じになってます。
先に向かうにしたがって丸っこくなっていく、少しうねった形。




IMG_1788


後ろ側のリブが凄いです。
筋肉のような縦方向のリブと、ラグのような横方向のリブ。
ストレートフォークは美しいですね。







細かいところ





IMG_1691


BB下にはシリアルナンバーが刻まれたメタルプレートと、
EPS用のバッテリー用穴が。
軽量フレームには到底見られないような仕様です。

IMG_1694


BB裏には小さなブリッジが。
FD用のワイヤーを通すところですが、

IMG_3318-thumb-400x533
引用:Y's road

Master X-Lightにも同じブリッジがあります。




IMG_1718

FDの直付台座にもクローバーマークが。
ちょっと嬉しいポイント。



IMG_1682


ヘッドからフレーム内部を覗くとこんな感じ。
チューブ自体は非常に綺麗ですが、接着剤がモリモリはみ出してます…w
いいんかいな。



個人的萌えポイント





IMG_1782

その1。
ヘッドのロゴ。
クローバーマークだけではなくアルカンシェルが入ってるのが良いですね。
アルカンシェル帯の青部分にこっそりMade in Italyと書かれているのがポイント高いです。




IMG_1765

IMG_1767


その2。
途中でペイントが終わっている部分で、ロゴの色が丁寧に切り替えられていること。
写真ではCの部分で、一部だけ白を吹いてあります。
手作業ならではでしょうか。




IMG_1776


その3。
シートピラーの左右非対称ペイント。
この巻き付くような塗装。眺めているだけでうっとりします。
左右非対称というのがまた良し。


IMG_1789


その4。
後ろ姿。
正しくロードバイク、といったらいいのか。
直線的なパイプで構成されたフレームは、最近のカーボンロードの中ではむしろ新鮮に見えます。
とはいえ大径化などの進化はしているので、ネオクラシックという感じ。



IMG_1819


その5。
トップチューブの金色のクローバーマーク。
上から見ると、非常に美しい。
乗っている時に下を見るとテンションが上がります。




IMG_1840



大変美しいフレームですが、色選びが難しいです。
ブライトカラーのBORAを履かせてみたのですが、まあ似合わないこと。
ステルスカラー系のホイールが一本欲しくなってきました。