メモ書き程度。
先日、固定ローラーに試乗する機会がありました。
僕が普段使っているのは三本ローラーなので、固定ローラーとの身体の使い方の違いがなかなか興味深いものでした。
固定ローラーは自転車が後輪で固定された状態なので、上半身を使うと言っても上下に揺さぶる程度です。
脚のみを重点的に鍛えたり、縦にブレなく踏むのにはなかなか使い勝手の良い機器だなぁと。

ただ、自転車というのは後輪だけで進むものではないというのも事実です。
自転車全体を使うことでより速く前に進むことも可能であると僕は思っているので、そういったトレーニングを含めるのであれば三本ローラーの方が良いのかなと。

「上半身を使うって言っても、どうやればいいんだよ」という話を友人何人かからされた時に"気付き"の一つの手段としての方法を話したらわりと好評だったので、ここでも残しておこうかと思います。


やることは一つ、コレです。

 
sagan
引用:National post


sponsored link



※下記の事を試される場合は必ず三本ローラー上で行ってください。
公道で行なうと恐らく道交法違反です。
試した結果落車その他の事故になったとしても責任は負えませんのであしからず。



1.  まず、上半身を真っ直ぐ起こした状態で手放し走行します。

2. その状態で 、歩くように腕を振りましょう。振る時は腕だけではなく、上半身をひねるように肩ごと振ります。堂々と肩で風を切るように!
上のサガン選手は腕と足で同じ方を上げるナンバ走り状態ですが、今回は普通に歩くように、左足が上がる時は右腕が前に出るようにしてください。
イメージはマラソン選手です。

3.  肩の動きに慣れてきたらそのまま前傾していきます。
ハンドルに手を置いてもいいですが、肩は振るように動かし続けます。
すると、自転車が少しねじれながら左右に揺れるはずです。正確にはハンドルが∞を描く感じです。 

4. このままだと自転車が揺れっぱなしなので、少しずつ自転車の揺れを抑えたいです。
そのために上半身の動きを抑えたいので、上半身のひねりを下半身に移していきます。
"腰をひねる"という事実は変わらないのですが、その結果上半身を動かしていたのを下半身を動かす方に変えるということです。

5. ペダリングにあわせてお腹周りの筋肉を動かす感覚がつかめる!かもしれません。



・実際の所、この腰のひねりに合わせてハンドルを押したり引いたりもします。
つまり、上半身もちょっと動くし下半身もちょっと動きます。

・上半身を真っ直ぐ固定するだけの乗り方とは違った推進をしてくれる(と個人的に思っています)。

・この方法を思いついた時に、何年も前のfunrideで、スキルシマノの選手が「四つ足で歩くようにペダリングする」と仰ってたのを思い出しました。似たような感覚が有ると思います。

これが巷で言う「腰踏みペダリング」や「骨盤ペダリング」と言われるものかどうかは判りませんが、上手くいったら結構面白いかなと。
もし効果があったらどなたか教えて下さい。